心のネジを巻く日記

発達障害児の子育てと日常を綴るブログです

発達障害

発達障害児がスマホ依存になっても気にしなくて良い

子供がスマホ依存になっていたら、ほとんどの親は心配すると思います。 日がな一日スマホをいじって感情を表に出さない我が子を心配して、どうすればスマホをやめさせられるのかと本気で悩むお父さんお母さんも多いことでしょう。 実は、私の長女もスマホ依…

発達障害の子供を手放したくなる気持ちと愛おしいという気持ち

発達障害者は空気が読めない、傷付くことを平気で言ってしまう、反省しない、思い込みが激しい、失敗が多い、人に迷惑をかけても感謝を示せない、しばしば自虐的になる、物覚えが悪い、迷子になる、秋空のように感情がコロコロ変わってしまう、 などなど… 発…

発達障害児を犯罪者にしないための親の責任と対応策

9日に東海道新幹線の車内で起きた無差別殺傷事件、加害者の22歳男は5歳の頃に保育所で発達障害(自閉症)の疑いがあると指摘されていたそうです。 ただ、親は何も対処せず医療機関に相談しなかったため適切な療育が行なわれないまま、中学生になってから心療…

特別支援学校の高等部へ進学|入学までの流れと知っておくべき注意点

発達障害の子供の高校進学ではいくつかの選択肢がありますが、こちらの記事では進学先として特別支援学校への進学を希望する場合の、入学までの流れや注意点についてまとめました。 実際に私が特別支援学校のコーディネーターの先生に聞いた事や、中学校の担…

発達障害の子育てで感じる敗北感について

特別支援学級の担任の先生と長女の進路について話し合いました。 このテーマでは何度も話をしていますが、なかなかに難しい。 というのは、いくら「これが良いだろう」という結論が出たとしても、本人が気に入らなければ、実際に通わなければ、意味がないか…

発達障害の子供に言われてショックだった言葉…分かっていても傷付いてしまう

発達障害があると、思ったことをそのまま言葉にしてしまうことがよくある。 というのは、発達障害の子供を持つ親の中では常識かもしれないのですが、最近、不用意に発せられる長女の言葉で傷付くことが増えたように思います。 少し前のこと、いつものように…

発達障害者への性的虐待を許してはいけない

福岡県の障害者支援施設で、40代の男性所長が利用者の20代女性に対してわいせつ行為をしていたことが今日のニュースで出ていました。 女性は施設内で胸を触られたり、ホテルに連れ込まれて性的虐待を受けていました。 中度の知的障害のある女性は、日頃から…

発達障害児は美容院が嫌い?定期的に散髪をするために考えだしたこと

発達障害の子どもは知らない人に触られたり、話しかけられるのが苦手。 というのは、たぶん共通しているのではないでしょうか。「たぶん」と書いたのは、たまにそういうのが平気なお子さんもいるからです。 それで、長女の散髪をどうするか…ずっと悩んでいて…

発達障害者の仕事探しについて|充分な生活費を稼ぐことは可能か?

発達障害の長女はもうすぐ中学2年生になります。 「学年」というのは4月1日に切り替わるそうなので、正確に言えば、もう2年生になりました。 早いですね、本当に。子どもの成長を振り返ると、まるで光の速さで進んでいるように感じます。 学年が上がっても、…

発達障害の高校進学|選べる進学先とそれぞれの特徴

子どもの高校進学と言えば、本人や親の希望を考慮しつつ、偏差値に合わせて志望校をしぼっていくことになりますが、発達障害の子どもの場合は、それより少し複雑です。 発達障害の生徒だと、偏差値どうこうの前に、 その高校が発達障害を受け入れてくれるか …

従業員の7割が知的障害者のチョーク工場に思うこと|発達障害者にも働くことの喜びを感じさせたい

先日、「Mr.サンデー」で日本理化学工業という会社の特集を放送していました。 日本理化学工業はご存知の方も多いと思いますが、知的障害者を積極的に雇用していることで有名な会社です。 従業員のうち知的障害者の割合は70%ということで、健常者は半分以下…

発達障害と思春期|ダメな自分から目を逸らして楽しいことだけ考えよう

1週間くらい前、寝る前に長女がぽつりと、 「早く生まれ変わりたい」 と、言いました。 「私の全部が嫌いだから、早く別の人間に生まれ変わりたい」 私はぎょっとして、途端に涙が溢れ出しそうになりました。 生まれ変わりたい。 ということは、今生きている…

非常事態と発達障害|突発的に起こるアクシデントにどう対応させるか

発達障害があるととっさの判断が苦手なので、突発的に起こったアクシデントにすごく弱いです。 急に大きな音がしたり、何かがぶつかったりすると、事態を把握するまでに時間がかかってパニックになることもあります。 「何?何が起こったの?」 って、気持ち…

発達障害の子供に明るい未来を提示してあげたい

ごく控えめに言って、発達障害の子供を育てるのは大変です。 たまに、子供の将来を悲観した親が子供を連れて心中したというニュースを見かけることもありますが、やってしまったことには全く共感できないものの、心情的なことはよく分かります。 子育てとい…

NHKスペシャル『発達障害-解明される未知の世界』を見た感想

先日、NHKスペシャルで『発達障害-解明される未知の世界』という特集を放送していました。 司会は「あさイチ」コンビの井ノ原さんと有働アナウンサーで、生放送しながら視聴者の意見も紹介するという内容でした。 発達障害者を理解する必要はある? 発達障害…

「自閉症との付き合い方」「自閉症の人への支援の在り方」を見直すきっかけになるブログを紹介します

最近、自閉症スペクトラムと診断されている女性のブログを見つけて、ひと通り読んでみました。 どの記事も興味深く、「自閉症の中の人」と表現すると誤解を受けるかも知れないけれど、中の人からの本音のメッセージに触れられるというのは、自閉症児の親とし…

発達障害児の理想的な支援方法|学校、家庭、外出先、それぞれの場面に応じて臨機応変に

発達障害児の支援の在り方には色々な方法があるのですが、基本的には「本人の困り感を減らしてあげる」ということが大切になります。 自閉症、アスペルガー症候群、学習障害など、発達障害といっても色々な種類があって、出来ること出来ないことの個人差はす…

『障害者手帳』を使ってJRの障害者割引を利用してみました

身体障害や知的障害で『障害者手帳』を持っている人は、JRの運賃や特急料金が割引になります。 うちでは去年、長女が『療育手帳』の交付を受けたので、年末の帰省で初めて『障害者割引き』というのを利用してみました。 ということで、今回は『療育手帳・障…

特別児童扶養手当と発達障害児|手当を受けるための手続きと認定診断について

先日、市役所で長女の療育手帳の交付を受けた時に、「特別児童扶養手当の申し込みはどうしますか?」と、職員の方にたずねられました。 不勉強な私は、発達障害児の母でありながら「特別児童扶養手当」というのがどういうものなのか、その時までほとんど知ら…

発達障害の療育手帳|申請から交付の流れと優遇制度まとめ

長女の療育手帳の申請から約2カ月たち、ようやく交付を受けることができました。 申請するまでは「あってもなくても変わらないのではないか…」と感じることも多かったのですが、「中学校に入るまえに受け取れて良かった」という気持ちもあります。 これから…

発達障害児の学校生活|給食当番時の理想的な支援について

小学校の給食といえば、食器係やおかず係、パン係など、2人一組に分かれた子ども達がそれぞれ担当して給食の支度を行ないますよね。 長女も、交流学級の同級生に混じって給食当番に参加しているのですが、色々と悩ましい問題もあります。 発達障害の子どもに…

『新版K式発達検査2001』と療育手帳の給付|発達指数と発達年齢について

長女の療育手帳申請の手続きで、先日また児童相談所に行ってきました。 今回は医師の検診があるとのことだったので、長女は「注射される〜」と怯えきっていましたが、もちろんそんなものはありません。

発達障害と冤罪事件|高畑裕太さん親子を人ごとだとは思えない理由…

(9月21日追記) 『週刊文春』9月28日号に掲載された情報を追加して更新しました。 「女性セブン」と「FRIDAY」が、高畑裕太さんの事件について、詳細情報を掲載しているのを読みました。

療育手帳の申請|児童相談所の面談と発達検査

長女の中学進学に向けて、今までは申請していなかった療育手帳を交付してもらうことにしました。 療育手帳の申請については以前の記事でもふれましたので↓ www.nejinikki.com 今日は、先日おこなわれた児童相談所の面談について書き留めておこうと思います。…

産まれてきた赤ちゃんに障害が…|1人で抱え込まないための子育てポイント

産まれてきた赤ちゃんに障害があったら、すごくショックですよね。 出産後の母親はすごくナーバスになっているので、そのタイミングで赤ちゃんの障害を告げられた場合、精神的なショックは計り知れません。 うちの長女は、産まれてすぐに心雑音を指摘され、…

発達障害のある子どものしつけ|上手な褒め方と叱り方で気持ちを伝えて

しつけとは、子どもに「良いこと」と「悪いこと」の区別を教える行為を言います。 やってはいけないことや、言ってはいけない言葉を、大人が子どもに教えてあげて理解させることがしつけの第一歩なのです。 ただ、子どもというのは基本的に自分中心の考え方…

発達障害の原因は育て方ではない|気付くキッカケになることとは?

発達障害の子どもは、傍からみるとすごくワガママで自己中心的に見えることもあるため、理解の無い人だと「育て方が悪い」「しつけが間違っている」と思い込んでいる人もいるようです。 でも、発達障害の人は生まれつき脳の機能に異常があるので、育て方や環…

「24時間テレビ」に感じる違和感|障害者は感動を呼ばなきゃダメなの?

毎年、8月の終わりに生放送されている「24時間テレビ」では、さまざまな障害や病気を持つ人がたくさん出て来ますよね。 私は子どもの頃「24時間テレビ」がすごく苦手だったので、意識して、見ないようにしていたこともありました。 なぜ苦手だったのかという…

アンパンマンに救われていたころ

今日はお昼11時から「アンパンマン」の放送があったようで、それを新聞でチェックしていた長女が「アンパンマン見たい」と言っていました。 でも、ちょうどその時間、私は次女の夏休みの宿題を教えていて、気付いたら12時前。「アンパンマン」は終わってしま…

障害者こそ愛されなくてはいけない

26日に起きた神奈川県相模原市の障害者施設殺傷事件。詳細が明らかになればなるほど、なぜこんな悲惨な事件が起きてしまったのだろうと、本当に悲しくてやるせない気持ちになってしまいます。 今日の夕方のニュースでは、容疑者から切りつけられ重症を負いな…