心のネジを巻く日記

発達障害児の子育てと日常を綴るブログです

「死にたい」と言う子どもに伝えて欲しいこと|自分には生きる価値が無いと思ったら…

f:id:muhuhu:20151113115621j:plain

中高生の自殺が増えています。特にこの夏休み明けの9月が、1年のうちで最も子どもの自殺が増える時期でもあるのだそうです。

子どもが自死を望み、決行してしまう背景には、いじめなどの学校問題や家庭内の虐待行為、障害や精神疾患など、さまざまな原因があると思います。

でも、それらは自殺の原因あるいはきっかけであって、「死ぬ理由」にはあたらないと考えています。

中高生にかぎらず、人が「死のう」と思い立ち自殺をする理由は、一貫して、「自分自身の生きている価値を見失ってしまった」ということであるのではないでしょうか。

なぜ自殺するのか?

「何か悩みがあるなら、それを誰かに相談すれば回避する方法はいくらでもあるし、1人で悩んで自殺する必要なんてどこにもないのに…。」と、子どもが自殺するとみんなそう言います。

まさにその通りで、私も同じようにそう思います。

どんなにつらいことがあっても、人生は一本道じゃないわけですから、いくらでもネガティブな問題を回避できるし軌道修正も可能です。

たとえばひどいいじめを受けていたとしても、学校に行かないとか転校するとか、加害者側を訴えるとか、そこまでできなくても、まず布団から一歩も出ないとか…考えられる方法はたくさんあるのです。

だから、もしいじめが原因で自殺してしまった子どもがいたら、「なんでそんなことを!」って、家族の中には悔しさと怒りと悲しみが混ざり合った感情が湧き上がってくると思います。

だけど考えなくてはいけないのは、自殺したご本人も、「回避する方法があることは充分に分かっていた」ということなんです。

じゃあなぜ死んだのか?

「自分には生きる価値がない」あるいは「生きることに価値が無い」と思ったからです。

「思春期」と「自殺」

思春期は、他人と自分との違いに気付き始める時期です。そして、優秀な人を見れば劣等感が、ダメな人を見れば優越感が、心の中に芽生える時期でもあります。

ですから、これまでは気にならなかった他人の行動が「うざい」「嫌だ」と疎ましく感じることもあれば、逆に「あの人はかっこいい」「あれはすごい」と、憧れたりする気持ちも強くなってくるのです。

こうした他者への興味や自己認識は子どもが大人へと成長する上ですごく大切なことなのですが、一歩間違った方向に進んでしまうと、「自分はダメな人間なんだ」「存在価値がないのだ」というねじれた思い込みの原因になってしまうことがあります。

自分は人と何かが違う。自分の行動って変なのかも知れない。自分だけ、みんなから浮いてるように感じる。

こうした気持ちは思春期であれば誰もが経験すると言われています。

自分が憧れている人がいたとして、「あの人はどうしてあんなにすごいんだろう」とこちらが思っていても、実はその人も心の中では「自分は変わっているかも」と不安になっていたりするのです。

ですから、自分の中に人とは違う部分があるのが普通なので、それ自体は特に心配する必要はありません。

しかし、そこにいじめや虐待など他者からの攻撃が加わることで、感情に歯止めが利かなくなってしまう場合があります。

もともと「自分は変かも」と思っている子どもに、「おまえは変だ」と追い打ちをかけてくる人間がいる。攻撃が続くと、子どもは徐々に「自分は変」ということを前提に物事を考えるようになり「だから生きていく価値がないのかも知れない」と、自分を疑い始める。また、精神が追いつめられた状況の中で、「生きることって何も価値が無いな」と感じてしまう。

そうなると、「命を捨てる」という行為のハードルがぐんと下がってしまい、何かのきっかけで自殺をしてしまう可能性があるのです。

ですから、思春期に他者から人間性を否定するような言葉を言われてしまった場合、本人が受けるダメージは計り知れないものがあります。

「思春期は自殺のハードルが通常より下がっている」という事実を周囲がきちんと理解して、もしもいじめの兆候などがあった場合には、とりあえず学校に行かせない、その環境から引き離すといった対策を早急に行なってください。

その上で、本人に対して「命の大切さ」を理解させていくというのが大切なことだと思います。

生きる価値とは何なのか

私個人の意見を言えば、生きることに価値なんて、そもそも無いと思っています。

人は価値があるから生きていて、価値が無くなったらバタリと倒れて死ぬわけじゃないですよね。

「おまえは生きる価値がある!」とか言い出したら、「じゃあ誰が生きる価値ないの?」っていう話になってしまう。

「いやそうじゃなくて、誰でも生きる価値はあるよ」と言うなら、「価値」っていったい何のことだか意味が分からなくなります。

だから、そもそも「生きる価値」とかそういう基準なんて無いし、そんな言葉使わない方が良いんです。

子どもが「生きる価値がないかも…」と悩んでいたら、「あなたは生きる価値があるよ」と言うのではなく、生きることは価値という言葉で表現できるものではないんだよと教えてあげて欲しいのです。

そして、生きる価値ではなく、生きることの大切さを理解させるために、たくさんのふれあい、温かい言葉、経験を、子どもにプレゼントしてあげてください。

大切なのは「生きてて良かった」と感じること

生きるとか死ぬとかいうのはすごく普遍的な問題ですから、きっちりした答えなんて存在しないのではないかと思うんですよね。

生きることは当たり前だから、別に意識しなくてもいいんです。肩の力を抜いて。生きる死ぬで悩む必要なんて、どこにも無いんです。

ただ1日1日を大切にして、噛み締めるように日々を生きていたら、きっと楽しいことや素晴らしいことがたくさん訪れます。そして、その瞬間に「生きていて良かったなぁ」と思って、生きていることの大切さを自分自身で強く実感できるのではないでしょうか。