心のネジを巻く日記

発達障害児の子育てと日常を綴るブログです

発達障害児の高校進学|普通校か特別支援学校か通信制高校か…

f:id:muhuhu:20170523141014j:plain

発達障害児といえども、将来どこに向かって進んでいくかというのはすごく大切なこと。

ですから、中学校生活の中ではあらかじめ「高校進学をどうするか」、進路について考えながら情報を集めておくのが大切なことです。

発達障害の子供が選べる高校の進学先については下記の記事にまとめていますので…

こちらの記事では、進学に向けて中学校の担任の先生から言われていることや、長女の現状などを書いておきますね。

発達障害の高校進学について担任から言われたこと

特別支援学級の担任からまず言われたのは、「定期テストをきちんと受けられないと普通の高校には行けない」ということでした。

定期テストをきちんと受けられないと、というのは、何も「点数が取れないといけない」という意味ではありません。

障害など特別支援学級に籍を置いている生徒は、定期テストの時に皆と同じようには受けないで(受けられないで)、答案用紙に答えを丸写ししたり、学習レベルに合わせた特別なテストを作ってもらったり、そもそもテストは最初から受けませんと決めていたりする生徒も少なくないのです。

で、それは障害があるのだから仕方ないわけですが、それだと、やっぱり他の生徒と同じように受験をして高校に進むというのは難しいんです。

つまり、受験をして公立、私立の高校に進むなら、たとえ点数が悪くても定期テストは受けないといけないということでした。

長女に関しては、小学校の頃からテストは普通に受けていたので、中学校の定期テストも受けることになりましたが、やっぱり普通級とは授業の進度が違っていたりするので、テスト範囲に合わせた試験勉強が難しく感じることもあるみたいです。

進学とかいうよりも…

母としては、受験とか高校進学とか、ちょっと今は考えられなくて、とにかく毎日学校に送り出すだけで大仕事で、これを後何年繰り返すのだろう…という不安も大きいです。

同じ自閉症でも1人で登校できる生徒さんは多いですが、うちの長女の場合はアスペルガー症候群で他人に対しての不安感がものすごく強いので、いまだに1人で外を歩けない。

校外学習でも先生についてもらって、迷子カードを携帯しなければいけないくらいです。

こんな感じで高校進学なんて、いったいどうしたものか…悩みますが、こればかりは訓練して治るものでもないですから成長を見守るしかありません。

高校に行けなかったら

今の長女の学力であれば、公立でも私立でも入れる高校はいくつかあるみたいです。

ただ、入学しても通えなければ意味がないし、卒業できなかったら色々な面で本人にとっても私たち家族にとってもマイナスになってしまいます。

普通の高校には、これまで小中で入っていたような特別支援学級がありませんし、発達障害のサポートをしてくれる公立校は1つあるのですが、自宅から結構距離があります。

そんなこんなを考えると、普通の高校への進学は無理かもしれない…というのが私の正直な気持ちです。

先生には、そんなこと言わずに頑張りましょうと言われますが、今の嫌がり方を見ていると、とても通えそうに思えないんです。

とはいえ特別支援学校の高等部だと高卒資格が取れないので(大学受験資格はあります)、先生方はその辺を心配をしてくれています。

私が思うに、たとえ特別支援学校でも、もう通えないんじゃないという絶望的な不安もあり…もう仕方ないから通信制の高校で週2回くらいの登校の学校も良いんじゃないかと思って、今調べ中です。

どんなに良い学校でも、長女が通わなかったら何の意味も無いので、できるだけ情報を集めて、体験や見学にも積極的に参加しようと思っています。